Shironan Memory

いろいろかきます

私のクレジットカード情報が海外鉄道会社で流出された話

 

とある日のこと...

自分が契約しているクレジットカード会社さんから

「中国硬貨に50万換金しようとした履歴がありますが、ご本人様でしょうか?」

との電話。。。。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)!?!?!??!?!?!??!?!??!?!?!?!?!

 

滅多に電話のこないクレジットカード会社さんから電話があることですらハラハラした上に、50万ってドユコトナノー!?!?という感じでした。

 

もちろんご本人様(私)ではなく...不正利用されている可能性があるねということでカードを変えてこの件は落着しました。

 

!!!恐ろしすぎる!!!

まさか自分が個人情報流出の加害者になるなんて思ってもいませんでしたしめちゃくちゃビビりました。。

 

で、電話受けてから自分のクレカの明細を確認してみると... 

 

 

 めちゃくちゃ大変なっているじゃないですかーーー。という状況になっていて。。

契約しているクレカの会社さんから連絡なかったら気づかず引き落とされていたかもしれない。。。って考えるとヒエーって感じです。

使っていなくてもクレカの明細は毎月確認しようと実感😨

 

で、原因わからず2か月過ぎ、、、外国から突然手紙が来た!!

 RAILEUROPEで流出されてたみたい。

RAILEUROPEはイギリス旅行でTGV予約するために利用していたサイト。。。

たしか日本で2回、イギリスで1回サイトにアクセスしてクレカ情報入力してTGV予約したから、

サイト自体に脆弱性があった。

RAILEUROPEのシステムに脆弱性があった。

が原因なのかなって見当つけています。

 

今回の件があり、海外ではお金を使う場合

・海外対応クレカを使う。

・換金して現金を使う。

どちらが安全なのかなあって考えなおしてみて、

 

「自分は換金して現金を使う」が安全なんじゃないかなあって思いました。

もちろんカバンがひったくられたりスリにあったりする危険性もあると思いますが、

どこのネットワーク使っているのかもわからない、信頼できるクレカスキャン機なのかもわからない、ようなところで何回もクレカを使うような行為と比べたら換金して現金を使うほうがリスク少ないんじゃないかなあって思いました。